コピー代は一枚1,000円ならOK

法人を設立して10年目で、やっと税務署のお出ましとなりました。この会社は、とても特殊な技能をもっているため、世界中から引き合いが来たりすることもあり、うなぎ登りで成長を続け、今では売上高も利益も納税もびっくりするくらいです。この会社の強みは社長の交渉力、いわゆるネゴシエーションのうまさにあります。たとえば私どもとの顧問料についても、大変厳しく値切ってきます。しかし、社長の饒舌にいつの間にか社長のペースに巻き込まれます。ただ、値切るのではなく、売上や利益が目標に達したら提示された顧問料を払うと宣言し、毎年宣言された目標通りになるので、ありがたいことに毎年顧問料金を上げてくれます。私どもの事務所が、利益が上がるノウハウや節税戦略をアドバイスします。 完全に、経理が自前でできているので、月一回訪問のときは、ほとんどが雑談めいたことばかりです。しかし、その社長は、その雑談から世界の動きや他の業界の動向、自分の会社の戦略会計の肝を、節税のノウハウを通してやんわり聞いてきます。だから、訪問する前には、新しい世間の動きを調べて訪問するので、すごく勉強になります。しかも、訪問時には、もろにそんなことを聞かずに、ユーモアを交えての雑談から自分のペースで話を進めて行きます。

会社が急成長していたので3年目の決算・申告が終わった頃から税務調査のことは、当然意識していましたが、待てど暮らせど税務署の事前通知は来ません。そして、納税額が4,000万円を超えた10年目に税務署のお出ましとなりました。

いよいよ税務調査の当日になり、社長は、何時ものようにマイペースに二人の税務署員に話をします。税務署員も社長のペースに引き込まれて行きます。いつもは、税務調査の中で調査理由の開示を正面からしても、納税者の主張と税務署の主張のガチンコ勝負でお互い譲りません。ときにはそれだけで、半日を費やすことも多々あります。最後は、当方から、売り上げと仕入れとの関係、人件費、交際費で考えたらいいですね、と妥協案を出しますが税務署のほうは、他に調べたいことが出てきたらそれも調べさせてもらいますからとのやり取りになります。

ところが、社長は雑談の中で、調査理由の開示を聞いてしまいました。大したものです。 臨場調査は3日間でしたが、どの証憑書類を見てもおかしなものは出てきません。というよりは、一枚一枚の解説に社長の話が、税務署のへの皮肉やそんなところで働かないで、うちで働かないかとほとんどのジョークの世界に税務調査は、一向に進みません。ついに約束した3日間があっという間に過ぎて終いました。

困り果てた税務署の職員は、最終日にコピー機を持参して、社長にコピーを求めてきました。社長は、「コピーをするのは構わないけど、一枚1,000円だ」と言い放ちました。これには、私も税務署員も唖然としました。 その理由も、説得力が在りました。一枚一枚の書類が、わが社の経理課や人事課、営業課の汗と涙で作成した、わが社のノウハウなのに、10円でコピーされては、社長として部下に説明がつかないし、税理士事務所のノウハウも10円とは合点が行かない。 税務署員は、何の抵抗もすることなくコピー要求を取り下げました。

この税務調査の結末は、読者の想像にお任せしますが、あれから10年、業況は右肩上がりなのに税務調査の兆候は何もありません。 一枚1,000円と言うことが、とっさにでることは、この社長のキャラクターそのものであり、こんな発想が瞬時に浮かんだ応用力に対して敬意を払いました。

なぜ、佐川国税庁新長官が就任会見をしないのか?

7月5日の人事異動で、理財局長から国税庁長官に就任しました。 理財局長から職員五万人を擁する次官級のポストである国税庁長官に就任したことは、4回連続であるし不思議ではない人事であるとも言えなくもないですが問題の本質は、

【佐川氏は、財務省理財局長であった今年2~6月、森友問題で連日、国会答弁に立ち、国有地が、8億円安く売却された経緯に関する野党の追求に対し、「規則にのっとって適正な処分をした」などと主張。一方で、交渉過程で何が起きたかについては「(交渉記録は)破棄した。残っていない」「(担当者の)記憶に残っていない」「政治家は関与していない」と繰り返すだけで、事実関係の説明を拒んできた。

国民の疑問が解消されない中、佐川氏は理財局長から次官級の国税庁長官に昇格。理財局長からの昇格は四人連続だが、国民からは安倍晋三首相を守ったことへの「論功行賞」といった批判が上がり、国税庁にも苦情が寄せられている。今後、就任会見を開けば、記者から森友問題に質問が集中する可能性が高い。

本紙などが加盟する国税庁記者クラブは、佐川長官が5日に着任して以降、できるだけ早く就任会見をするように同庁に求めてきた。同庁広報は取材に「諸般の事情で調整が長引いている。開かない可能性もある」としている。

広報によると、長官の就任会見は慣例で、着任して二~三週間後に開かれてきた。記録の確認できる2000年代以降、すべての長官が行ってきたという。会見では、今後の抱負に加え、趣味や座右の銘などを記者が質問してきた。

ある国税庁職員は「佐川長官になり、税務調査がやりにくくなった。長官が書類の廃棄を認めているので、調査対象者から『自分たちが書類を廃棄しても構わないだろう』というような嫌みを言われる。現場にも影響が出ている」と、困った表情で語った。】

※東京新聞引用

国民を欺き、有るものを無いと言い、黒を白と言い逃れてまで安倍晋三首相を守り抜かねばならなかったキャリア官僚の隠蔽体質と、憲法にも定められている公務員は国民全体の奉仕者であるという役割が完全に欠落していることではないでしょうか。

佐川長官が長官であるかぎり、彼の部下である税務職員は、納税者から非難や皮肉を言われ続けられるでしょう。また、納税者は、この際、強い者には弱く、弱い者には強いと言われている「課税庁」に、今こそ「もの申す」ことができる賢い納税者に変身しないといけないと思います。

悪いのは、トップであって末端の税務職員ではありません。賢い納税者と手をとり、佐川長官に森友問題の真相を語らせ、白黒をはっきりつけさせ、消えた8億円問題を藪入りさせない行動を両者が手を携えてするチャンスだと思います。 そして、納税者性悪説に立つ税務行政を変革し、納税者性善説へと切り替えて行く好機にして、納税者権利憲章を作ることと国民のための国税庁に改革することを強く願います。

台風には勝てませんでした‼

8月9日、初めての還暦(笑)を迎えました‼

と同時に悲願の日本100名山の達成をするはずでしたが、のろまの台風5号に3年前からの計画を無残にも粉砕されてしまいました。

所詮、人間たるもの、自然現象に勝てるはずもありません‼

日本100名山の最後の山は、ロープウェーを使えば、50分で登れる山形県の蔵王山でした。

妻、就職先がドイツで今日のために無理をして帰国してくれた次女、義理の息子、あと3ヶ月で4歳になる初孫の総勢6人で山頂でのランチを計画して、長女は、2人目の子どもを7月10日に出産したばかりで居残りという計画でした。

リーチを掛けた99座目の黒部五郎岳は2泊3日で山頂を極めましたが、3日とも雨で試練の山行でした。

また、海の日の三連休を利用した98座目の北海道トムラウシ山は、付近が猛暑日の暑さに加え、朝3時起きで、前日も仕事の関係で睡眠不足もあって、下山1時間位前に左側の太ももがつってしまって、往生しました。結局、12時間を費やしてしまいました。同行してくれた山仲間にかなりの迷惑をかけてしまいました。

今年になってのこの2座は、山を楽しむというよりは、さながら修行僧の心境でした。

 

そしていよいよ100名山達成という時に、3年前から温めていた計画が後回しになってしまいました‼

蔵王山は、二人目の孫のお宮参りの時に順延です。おそらく、9月中に達成できると思います。その時は、妻と二人でささやかに御祝いをすることになると思います。

100名山達成後の次なる登山の目標はありませんが、天候に恵まれず、ただ山頂にだけ昇った山や白馬岳の大雪渓やロープウェー等でショートカットした山に改めて登りたいと思います。

私と次女は、8月10日から2泊で北アルプスの初心者コースと言われている表銀座に登ります。次女は山小屋に泊まるのは初心者なので、楽しみと不安が交錯しているようです。

今月の15日で三十路になるので、彼女が将来ドイツで結婚して骨を埋めるのか、日本に帰って来るのかもゆっくり話してみるつもりです‼

 

ブログ第一弾は、山登りの話しをしましたが、次回からは、私の税務調査の過去の事例や経営環境の変化、経営者が知っておきたい経営指標等々順次お伝えします。

 

「ねこチャンネル」ブログ開設にあたって

いつまでも若いと思っていたのにいつの間にか8月9日をもって還暦になります。

私の年初の目標は

①還暦の日に、日本100名山で最後に残っている蔵王山の頂上にいる

②とりあえず英会話を始める

③剣道3段を取得する

という3つを立てました。

そんなおり、所内のスタッフから「ブログ」に挑戦しないかという「神の声」がかかり、還暦の日から公式ブログ「ねこチャンネル」を開設することになりました。

「ブログ」は私の苦手分野ですが、年初の目標の進捗状況も詳しくみなさまにお伝えする予定です。

また同時に、長らく発行してきた「事務所ニュース」を廃刊にして、敢えて苦難の途を切り開くことを決意した次第です。

皆様におかれては、どんな傑作?になるか乞うご期待と言った心境です。